将棋日記INビッグローブ

アクセスカウンタ

zoom RSS 天才女流棋士「里見香奈女流二段」の快進撃

<<   作成日時 : 2008/11/08 14:44   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 
 第十六期倉敷藤花戦の三番勝負第一局が六日、東京都渋谷区の将棋会館で行われ、挑戦者で出雲市の大社高校二年、里見香奈女流二段(16)が、清水市代倉敷藤花(39)に先勝し、タイトル奪取に王手をかけました。

 里見香奈女流二段は、島根・大社高2年生で16歳。

 「出雲のイナズマ」の異名を持ち、今回初のタイトル挑戦として注目されていました。

 里見香奈女流二段の今年度の成績は13勝1敗(0.9286)と今年度わずか1敗で、しかも9割を超える勝率は驚異的です。

 しかし、清水市代倉敷藤花には相性が悪く0勝4敗でしたが、今回は見事に勝利しました。

 里見香奈女流二段は、女流将棋界の第一人者の清水市代倉敷藤花には五戦目にして初勝利。

 「勝てたのはうれしいけど、次に清水さんは激しい反撃をしてくると思う。気を引き締めて、落ち着いて第二局に臨みたい」と話したそうです。

 第二、三局は二十三、二十四の両日に岡山県倉敷市の倉敷市芸文館で行われます。

 そして、もう一つ里見香奈女流二段にとっては非常に重要な対局である、矢内理絵子女流名人(28)への挑戦者を決める、第35期女流名人位戦のA級リーグ8回戦で本田小百合女流二段(30)に勝利しました。

 これで、里見香奈女流二段は7勝1敗で、依然トップをひた走り、念願の女流名人位戦の挑戦者の最有力候補である事は間違いありません。

 いよいよ、女流棋界は里見香奈女流二段を中心に回り始めました。

 思い起こせば、里見香奈フィーバーが日本中に巻き起こったのは、レディースオープントーナメントの決勝三番勝負に、当時中学三年生で最年少の女流棋士だった里見香奈さんが颯爽と現れたのがきっかけでした。

 そして、この三番勝負に里見香奈さんが勝てば最年少優勝という大記録でした。

 この模様は、NHKのニュースでも大きく取り上げられるほど、大注目されましたが里見香奈さんは、あと1勝という所で矢内理絵子女流名人に1勝2敗で敗れましたが、これを機に一躍脚光を浴び、瞬く間にスターになりました。

 日本将棋連盟の常務理事である、田中寅彦九段も「里見さんは、20年に一人の逸材」「待望のスターが出てきた」とコメントされていました。

 しかし、その後はあと一歩の所でタイトル戦の挑戦者になれずにいましたが、今回ファン待望のタイトル初挑戦。
 
 里見香奈さんは、将棋界の枠をも超えた国民的スターになるかもしれません。

 そんな無限の可能性と期待をいだかせる存在です。

                                  
このブログを、人気ブログランキングへ一日一回、貴方様の清き一票を、お願い致します。


 


 上の写真は、近鉄将棋祭りの模様で、左から石橋幸緒女流王位、村田智穂女流初段、里見香奈女流二段、井道千尋女流1級、室田伊緒女流初段です。

 

カラータオル(女流初段里見香奈)
日本将棋連盟
商品情報   中学3年で、レディースオープン・トーナメント決勝まで進出し、‘出雲のイナズマ


楽天市場 by ウェブリブログ


 上のタオルは、里見香奈女流初段の揮毫がプリントされたカラータオル。
 
 色は、スカイブルーです。

 揮毫は「天空海濶」(てんくうかいかつ)。

 大空にさえぎるものがなく、海が広々と果てしなく大きいこと。

 度量が大きく包容力に富む、という意味とか。(「キラリっ娘のそよ風日記」の本人のブログより)

 書の得意な里見女流のおおらかさが伝わってきます。
 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
私のおすすめ品 gooリサーチモニターに登録!
検索エンジン登録代行検索エンジン登録代行・SEO対策 あまぞんあまぞん 実感してみて下さい、光ファイバーを!その前に貴方のPC回線速度チェック! マイクロアドでおこづかいゲット!
天才女流棋士「里見香奈女流二段」の快進撃 将棋日記INビッグローブ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる