渡辺竜王、「羽生神話」を打ち破る貴重な勝利

 渡辺明竜王に羽生善治名人が挑戦している第21期竜王戦七番勝負の第4局は、11月26日9時から熊本県菊池市で行われていました。  挑戦者・羽生善治名人の3連勝で迎えており、この一局に勝てば竜王奪取と同時に、通算7期で史上初の永世竜王の資格を得る事になります。  又、永世竜王獲得と同時に、永世七冠という空前の大記録もかかってい…
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more

新進気鋭の若手プロ棋士の新ブログ

 もう既にご存じの方もおられるかもしれませんが、私は最近、偶然にも新進気鋭の若手プロ棋士がブログを始めているのを発見してしまいました。  その若手棋士とは、戸辺誠四段でブログ名は「戸辺流ブログ」です。  あまり詳しく知らない人の為の戸辺誠四段の紹介。  戸辺 誠四段(とべ まこと、1986年(昭和61年)8月5日 - …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

里見香奈さん、初タイトル獲得記念動画集

 昨日の里見香奈さんの初タイトル獲得がネット上や新聞、テレビ等のマスメディアで大々的に報じられていて、改めて里見香奈さんに対する世間の注目度の高さと共に、里見人気の凄さを思い知らされました。  という事で、倉敷藤花獲得記念に、里見香奈さんの動画を貼っときます。  第57期王将戦七番勝負第四局、羽生善治王将VS久保利明八段…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

里見香奈・新倉敷藤花誕生

 将棋の第16期大山名人杯倉敷藤花(くらしきとうか)戦三番勝負の第2局は、11月23日(日)に岡山県倉敷市の倉敷市芸文館で指され、挑戦者の高校2年生、里見香奈女流二段(16)が清水市代・倉敷藤花(39)に133手で勝ち、2連勝で初のタイトルを獲得しました。  里見香奈・新倉敷藤花は島根・大社高2年生。  女流棋界で、16歳8…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

羽生四冠、3連勝で永世七冠に王手

 渡辺明竜王に羽生善治4冠(名人・棋聖・王座・王将)が挑戦している第21期竜王戦7番勝負の第3局は、13日から岩手県平泉町の平泉ホテル武蔵坊で行われ、後手番の羽生善治挑戦者が86手で勝ち、3連勝で竜王奪取にあと1勝としました。 この結果、羽生善治四冠は既に将棋界の7大タイトルのうち、竜王を除く6タイトルで永世称号を獲得しており、あ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

今期のA級順位戦は、空前絶後の大混戦に

  羽生善治名人への挑戦権をかけて、10人のトップ棋士が争う第67期A級順位戦。  今期は、前期七番勝負で敗れた森内俊之九段(前名人)を順位1位に、復帰してきた鈴木大介八段、深浦康市王位が加わって、史上まれに見る大激戦が展開されています。  そして、注目のA級順位戦の5回戦、森内俊之九段―鈴木大介八段戦は10日、東京・将棋会…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

天才女流棋士「里見香奈女流二段」の快進撃

   第十六期倉敷藤花戦の三番勝負第一局が六日、東京都渋谷区の将棋会館で行われ、挑戦者で出雲市の大社高校二年、里見香奈女流二段(16)が、清水市代倉敷藤花(39)に先勝し、タイトル奪取に王手をかけました。  里見香奈女流二段は、島根・大社高2年生で16歳。  「出雲のイナズマ」の異名を持ち、今回初のタイトル挑戦として注目さ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

羽生四冠が連勝

   渡辺明竜王に羽生善治四冠(名人・棋聖・王座・王将)が挑戦している第21期竜王戦七番勝負の第2局は10月30日午前9時から北海道洞爺湖町で行われていました。  両対局者の竜王戦・第二局の前日インタビュー  渡辺明竜王の話  「第1局はあっという間にもっていかれてしまった感じ。終盤で粘りを欠いたかもしれませ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

竜王戦第2局の直前情報

将棋ファン大注目の第21期将棋竜王戦七番勝負・第2局、渡辺 明 竜王 VS 挑戦者 羽生 善治 四冠戦が、10月30日(木)、31日(金)の二日間 に渡って、北海道・洞爺湖にて、行われます。  第一局では、まさかのテレビ中継無し、という事態でしたが、今回は以下のとおり生中継があります。  衛星第2テレビ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

羽生善治四冠の強さの秘密

  羽生善治四冠は、先日の「百年インタビュー」というテレビ番組の中で、大山康晴十五世名人の将棋の特徴は、必ずしも色々な手を深く読んで指す手を決めている訳ではないという事を話しています。  もちろん、終盤の局面などは、正確に詰みを読み切れる、ということもありますが、序中盤では、とてもすべてを読み切れるものではありません。  羽…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

竜王戦、羽生四冠が先勝

  将棋界の最高位を争う、第21期竜王戦七番勝負の第1局がフランス・パリにて開幕しました。   昨年、前人未到の大記録である、竜王戦史上初の4連覇を果たした若き天才棋士・渡辺明竜王(24)に、将棋界史上最強の棋士である、挑戦者・羽生善治名人(38)が挑むという世紀の一戦が行われました。  今期の竜王戦は、規定により勝った棋士…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

渡辺竜王VS羽生四冠の世紀の一戦

   将棋ファン待望の初代永世竜王をかけた、第21期竜王戦七番勝負・渡辺明竜王VS羽生善治四冠戦の第一局が、いよいよフランスのパリで、18日(土)から行われます。  そこで、今回は竜王戦七番勝負に挑む、渡辺明竜王(24)と羽生善治四冠(38)の両対局者の今シリーズに対する抱負と深浦康市王位(36)と森下卓九段(42)の兄弟弟…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

渡辺竜王VS羽生四冠~最強の二人~

    史上初の永世竜王に輝くのは、渡辺明竜王か?それとも羽生善治四冠か?  将棋界の最高位を争う第21期竜王戦七番勝負が18、19日にパリの「ル・メリディアン・エトワール」で行われる第1局で開幕します。  竜王位・5連覇を目指す渡辺明竜王(24)に挑戦するのは、竜王通算6期の羽生善治四冠(38)です…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

渡辺竜王、竜王戦につながる勝利

     10月10日(金)に、B級1組順位戦7回戦、渡辺明竜王VS森下卓九段戦が行われました。  この対局は、渡辺明竜王にとって、非常に重要な一局です。  何故ならば、渡辺竜王は前局のB級1組順位戦6回戦で、行方尚史八段に痛恨の敗戦を喫してしまい、3勝3敗と再び指し分けに戻ってしまいました。  もし、次の順位戦7回…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小沢一郎・次期総理の素晴らしい所信表明及び代表就任挨拶

 当ブログは、基本的には将棋界の話題が中心のブログなのですが、先日の民主党・小沢一郎代表の所信表明のような代表質問と9月の臨時党大会での代表就任挨拶が、あまりにも素晴らしかったので取り上げざるをえません。  日本には、いまだにマスコミや自民党に騙されているかわいそうな人々がいます。  私も、恥ずかしながら、10年以上前はマス…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

里見香奈伝説・後編

 今、里見香奈さんは、12歳6か月で女流プロになって、4年目。  「高校を卒業したら、大阪か東京に住んで、将棋に専念したい。大学進学は、今のところ考えていません。とにかく強くなりたいんです」16歳の夢の先は果てしない。  里見香奈さんのような、天才はどんな家庭環境から生まれてくるのだろう。  「よく天才と言われるのです…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

里見香奈伝説・前編

 現在、将棋界で「羽生善治四冠や渡辺明竜王以来の大天才が出現か」と期待される棋士がいる。  その棋士の名は、里見香奈女流二段。   昨日、行われた倉敷藤花戦の挑戦者決定戦で、甲斐智美女流二段(25)を107手で破り、清水市代倉敷藤花(39)への挑戦を決めた高校2年生の16歳。 「里見香奈さん、倉敷藤花戦の挑戦者に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自公政権は、詰み

 注目の政治動画を2本ご覧下さい。 虚像に囚われた政治家小沢一郎の真実楽天ブックス 著者:平野貞夫出版社:講談社サイズ:単行本ページ数:348p発行年月:2006年09月この著者の新着 楽天市場 by ウェブリブログ
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

失言王・麻生太郎動画

「麻生太郎は、政治家失格」についてこんな動画を見つけてしまいました。 くたばれ!自民党楽天ブックス 13の症候群 著者:鎌田慧出版社:アストラサイズ:単行本ページ数:281p発行年月:2001年04月 楽天市場 by ウェブリブログ
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

深浦王位防衛で、羽生七冠復位の夢を砕く

  白熱した戦いになった将棋の王位戦七番勝負の第七局は二十六日、深浦康市王位(36)が羽生善治名人(37)=棋聖、王座、王将=の猛攻を受けきり、勝利を収めて念願の初防衛を果たした。深浦は第五、六局と連敗したが、落ち着いた指し回しで九段昇段も決めた。   朝から厳しい攻め合いになった二日目は、後手陣内に手がかりをつくろうとした羽生…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

佐藤天彦四段が新人王に

 第39期新人王に佐藤天彦四段  将棋の若手最強棋士・新人王の座を争う第39期将棋新人王戦(しんぶん赤旗主催)決勝3番勝負の第2局は9月25日、東京・千駄ケ谷の将棋会館で午前十時、立会人の森下卓九段らが見守るなか行われ、午後六時七分、後手の星野三段が投了しました。  この結果、先手の佐藤天彦(あまひこ)四段(20)が第1局…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

里見香奈さん、倉敷藤花戦の挑戦者に

 将棋の天才女流棋士・里見香奈女流初段が、ついにタイトル戦の挑戦者になりました。  今日、9月29日(藤井猛九段の誕生日)に行われていた、第16期大山名人杯倉敷藤花戦の挑戦者決定戦は、里見香奈女流初段が、甲斐智美女流二段を下し、里見香奈女流初段のタイトル初挑戦が決まりました。  そして同時に、里見香奈女流初段は、タイ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

麻生太郎は、政治家失格

 今まで、数々の失言、暴言を手当たりしだいに吐き続けてきた自民党の麻生太郎が、14日にJR名古屋駅前で行った街頭演説で、「岡崎の豪雨は1時間に140ミリだった。安城や岡崎だったからいいけど、名古屋で同じことが起きたらこの辺、全部洪水よ」と発言。  この記事をみても大変失礼なことを言う人間だと感じました。  安城や岡崎だったら…
トラックバック:2
コメント:1

続きを読むread more

鈴木環那女流初段、テレビ出演

将棋界ニュース  人気女流棋士の鈴木環那さんが、テレビ出演されるそうです。  BSマンガ夜話  9月17日(水)00:00~00:55  NHK衛星第二   今夜はハチワンダイバー▽長野公開収録  マンガ夜話◇柴田ヨクサル氏の漫画「ハチワンダイバー」の魅力に迫る。    賭け将棋の”真剣…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

羽生善治四冠が、竜王戦の挑戦者に

 全国の将棋ファン注目の第21期竜王戦挑戦者決定戦第3局、羽生善治四冠VS木村一基八段戦が9月12日(金)に東京・将棋会館で行われました。  本局は、序盤で相穴熊の超持久戦から、千日手模様になりましたが、先手番の木村一基八段が積極果敢に打開していきました。  しかし、控え室でこの将棋を研究していた藤井猛九段が、「羽生さんが良…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

藤井システム、崩壊の危機

 以前、このブログでも紹介した、「どうなる、藤井猛九段」について、詳しい記事が出ているので、紹介します。  プロ将棋界で最近、四間飛車藤井システムが指されなくなってきている。  97年に升田幸三賞を受賞した、居飛車穴熊対策の画期的な戦法だが、創始者の藤井猛九段も最近は居飛車ばかり指しているという状況。  四間飛車党の若手も…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

深浦康市王位の予言「羽生さん、王位戦は・・・」

 将棋の第49期王位戦七番勝負の第6局、深浦康市王位VS羽生善治四冠戦が、明日9日(火)から2日間に渡っておこなわれます。    深浦康市王位にとって先手番のこの一局で負ける様なことになると流れが一気に羽生善治四冠に傾き、最終第七局にも敗れ、まさかの大逆転失冠となりうる可能性も出てくるので、絶対に負ける事が出来ない重要な一局となりそ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

女流棋士がブログ再開

 将棋界ニュース   人気の若手女流棋士、熊倉紫野女流1級が本格的にブログを再開  女流棋士の熊倉紫野さんが本格的にブログを再開したようです。 (熊倉さんは、現在早大在学中)  2007年4月にプロ棋士になるあたり、以前のブログは閉鎖となり、熊倉さんの情報はかなり少ない状況が続いておりましたが、これでご本人…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マスコミ界のタブー

 今回は最近、私が読んだブログの中で特に印象に残った記事を紹介します。    この話は、以前から小泉の悪政を次々と暴いてきた、評論家のM氏が書かれているのを知っていたのですが、今まであまりにも恐ろしい話なので紹介するのをためらっていました。 初めて違う人も、この話を書かれているので、注目せざるをえません。  以下  …
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

羽生善治四冠が次々と雑誌に登場

 最近、将棋界の枠を超えたスーパースター「羽生善治四冠」のことがいろいろな雑誌や書籍等で取り上げられているようです。  なんでも、将棋以外の雑誌の表紙を飾ったり特集記事が出たり、対談記事が出たりとまさに時代は羽生ブームですね。  そういえば、昨日はNHKのプロフェッショナル「森内VS羽生」の再・再・再放送もありました。(雑誌…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本を滅ぼす自民・公明政権

 福田は、党利党略の辞任表明を、9月1日にした。  昨年9月、安倍晋三は、政権盥回しの辞任表明をした。  1年足らずの間に、2度である。こんなことを、国民は許してはならない。  このことは、自民党に政権担当能力が全く無いことを、2度に亘って証明したことになる。  国民の誰もが、去年の参院選後の解散総選挙を要求して…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

木村八段は、棋神・羽生善治を止められるか

 明日9月3日(水)に将棋の第21期竜王戦の挑戦者決定三番勝負・第2局の羽生善治四冠VS木村一基八段戦が行われます。  そして、同じ対戦カードで5日(金)には第56期王座戦五番勝負の第1局が行なわれるという事で、今後の将棋界の勢力地図は、羽生善治四冠との対戦が立て続けに組まれている、木村一基八段の奮闘ぶりによって大きく変わってくる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福田辞任は誰の圧力?

 民主党の小沢一郎代表の3選が確実になったこの9月1日に、福田首相が突然の辞任。    これは、明らかにこのままでは次の総選挙を民主・小沢代表相手では勝ち目がないと見た、何者かが圧力を掛けて辞めさせたのは明白です。  あまりにも突然で不可解な辞任劇は、安部の時と全く同じです。    裏でうごめく恐ろしい影(マスコミ界の権力…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

どうなる、藤井猛九段

 最近、将棋界で大きな話題となっているのが、藤井猛九段の居飛車党(矢倉党)に転向騒動。  先日のA級順位戦で木村一基八段相手に矢倉を指して快勝したという事がちょっとした事件になっているそうである。  果たして、本当に将棋史に残る革命的な戦法、四間飛車・藤井システムを捨ててしまうのでしょうか?  振り飛車党のアマチュアに…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

羽生善治四冠、稲妻流炸裂で先勝

 将棋の第21期竜王戦・挑戦者決定三番勝負・第1局の羽生善治四冠VS木村一基八段戦が昨日、東京将棋会館でおこなわれていました。  結果は、先手番の羽生善治四冠が191手の長手数の大熱戦を制し先勝しました。  昨日、私はずっと竜王戦のネット中継を観戦していましたが、羽生善治四冠が凄い事は誰でも知っていますが、木村一基八段の驚異…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

明日、いよいよ竜王戦挑戦者決定戦第1局

 明日29日(金)は、いよいよ将棋ファン大注目の第21期竜王戦挑戦者決定三番勝負・第1局の羽生善治四冠VS木村一基八段戦が行われます。  今まで当ブログでは、羽生善治四冠の事は数多く書いてきましたが、木村一基八段の事は、ほとんど書いた記憶が無いのでここで少し記しておきます。  木村八段といえば、非常にわかりやすく、尚且つ面白…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

羽生善治四冠、夢の七冠復位に望みをつなぐ

 将棋の第49期王位戦七番勝負の第5局は、挑戦者の羽生善治四冠が深浦康市王位に97手という短手数で勝利を収め、対戦成績を2勝3敗としました。  将棋ファンの間では、渡辺明竜王VS羽生善治四冠による竜王戦七番勝負での勝った方が、初代永世竜王の栄誉に輝くという、世紀の一戦を期待する声で異様な程の盛り上がりを見せています。  そし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ネット将棋最強戦での感想戦の映像・後編

 将棋の大和証券杯ネット将棋最強戦・決勝戦の渡辺明竜王VS鈴木大介八段戦の感想戦の映像です。               このブログを、人気ブログランキングへ一日一回、貴方様の清き1票を、お願い致します。 渡辺明の居飛車対振り飛車(2(四間飛車編))…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ネット将棋最強戦での感想戦の映像・前編

 将棋の大和証券杯ネット将棋最強戦・決勝戦の渡辺明竜王VS鈴木大介八段戦の感想戦の映像です。              このブログを人気ブログランキングへ一日一回、貴方様の清き1票を、お願い致します。 渡辺明の居飛車対振り飛車(1(中飛車・三間飛車・向かい飛)楽…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

渡辺明竜王、ネット将棋最強戦で優勝

 将棋界初のインターネット棋戦・第2回大和証券杯ネット将棋・最強戦の決勝戦、渡辺明竜王VS鈴木大介八段の対戦が8月24日14時から行われました。   結果は将棋ファンの皆さんなら、ご存知のとおり後手番の渡辺明竜王が見事な勝利を収めました。   この棋戦では1回戦で、あの羽生善治四冠…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more