渡辺竜王VS羽生四冠の世紀の一戦

  
将棋ファン待望の初代永世竜王をかけた、第21期竜王戦七番勝負・渡辺明竜王VS羽生善治四冠戦の第一局が、いよいよフランスのパリで、18日(土)から行われます。

 そこで、今回は竜王戦七番勝負に挑む、渡辺明竜王(24)と羽生善治四冠(38)の両対局者の今シリーズに対する抱負と深浦康市王位(36)と森下卓九段(42)の兄弟弟子による竜王戦展望が大変に興味深かったので紹介します。



  渡辺 明 竜王

 羽生さんとタイトル戦を戦うのは5年前の王座戦以来ですが、19歳の挑戦者として挑んだあの時も今も気持ちは変わりません。

 永世竜王は意識していません。

 今期も竜王を守れるか、取られるか、それだけの勝負だと思っています。



  羽生 善治 名人

 渡辺竜王とは久し振りのタイトル戦になります。

 互いに永世竜王もかかっているので、張り切って指すつもりです。

 私には「永世七冠」もかかっていますが、記録を意識することはありません。



  深浦康市王位の渡辺竜王の印象

 最近になって白星が続いており、竜王戦の最中に調子を上げて行くのが渡辺流です。

 渡辺竜王は若いですが、かなりの策士です。

 最近も斬新な戦法を指しており、今シリーズに向けて何か考えていると思います。

 渡辺竜王が永世竜王の懸かった大勝負で天性の勝負強さを発揮し、4-2か4-3で防衛と予想します。



  森下卓九段の羽生善治四冠の印象

 勝ち方が神がかっています。

 逆転勝ちが多いのは、やはり「羽生ブランド」です。

 彼が目の前にいるだけでプレッシャーを感じ、勝ちきれない。

 「羽生ブランド」は大きく、4-2で奪取と見ます。


 と以上のように深浦王位と森下九段の兄弟弟子でも勝敗予想が真っ二つに分かれました。

 このことからも、今期の竜王戦は、どちらが勝ってもおかしくない、史上まれに見る大激戦になるであろうことを予感させます。

 ちなみに私の今期竜王戦の希望込みの勝敗予想はズバリ!渡辺明竜王の4勝3敗での防衛です。

 渡辺明竜王と羽生善治四冠の大ファンである私としては両者共に勝って初代の永世竜王になっていただきたいのですが、勝負の世界は必ず片方が勝ち、もう片方が負けます。

 渡辺明竜王には、この初代永世竜王のかかった世紀の一戦で「神に最も近い存在」と言われている羽生善治四冠の挑戦を見事に退けて、天才揃いの将棋界の中でも羽生さんだけが凄いのではなく、若き天才棋士・渡辺明竜王も凄いんだということを世間にアピールしていただきたいと思います。

 それと、将棋ファンに嬉しいニュースが二つ。

 渡辺明ブログでご存じのとおり、今回の竜王戦は情熱大陸というテレビ番組で取り上げられるとのこと。

 4年前は渡辺明竜王の単独出演でしたが、今回は竜王戦7番勝負の対局者である渡辺明竜王と羽生善治四冠の2人が対象になるようです。

 この情熱大陸では、過去に渡辺明竜王以外にも羽生善治四冠が3回出演されていて、(そのうち一回はチェスで)他にも佐藤康光棋王、谷川浩司九段、高橋和女流、石橋幸緒女流王位など数多くの人気棋士が特集されています。 これは必見ですね。

 そして、六月の棋聖戦第一局のときと同様に、梅田望夫さんがリアルタイムでネット観戦記を書かれるということで、こちらも非常に楽しみですね。

                                  
このブログを、人気ブログランキングへ一日一回、貴方様の清き一票お願い致します。







   

 


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック