里見香奈・新倉敷藤花誕生

 将棋の第16期大山名人杯倉敷藤花(くらしきとうか)戦三番勝負の第2局は、11月23日(日)に岡山県倉敷市の倉敷市芸文館で指され、挑戦者の高校2年生、里見香奈女流二段(16)が清水市代・倉敷藤花(39)に133手で勝ち、2連勝で初のタイトルを獲得しました。

 里見香奈・新倉敷藤花は島根・大社高2年生。

 女流棋界で、16歳8カ月での初タイトル奪取は、林葉直子元女流名人(14歳3カ月=女流王将)中井広恵女流6段(16歳6カ月=女流名人)に次ぐ3番目の年少記録となりました。

 そして、高校生での女流棋士のタイトル獲得は、矢内理絵子女流二段(当時)が17歳の時に清水市代女流王位から女流王位を奪取して以来です。

 又、今回の里見香奈さんの16歳での倉敷藤花位獲得は、史上最年少記録です。

  本局は、先手番の里見香奈女流二段が、第一局に続いて、得意の中飛車から終始リードを奪い、清水市代倉敷藤花に全く付け入る隙を与えない完勝でした。

 一方、長年に渡って女流棋界の第一人者として活躍してきた清水市代女流二冠のタイトルは、女流王将の一冠のみとなりました。

 里見香奈・新倉敷藤花の話 「これまで努力してきたかいがあった。家族や周りの人にお礼を言いたい。あこがれの清水さんに勝つことができてうれしい。初タイトルはまだ実感がない」

 清水市代・前倉敷藤花の話 「今回は里見さんのいいところが出た。終盤の強さはもちろん、対局態度もしっかりしている。頼もしい後輩です」


 里見香奈・新倉敷藤花は1992年3月2日、島根県出雲市生まれ。

 5歳で将棋を覚え、2002年、小学5年生でアマ女王戦に優勝する。

 2003年、第28回小学生名人戦でベスト8に進出。

 2004年10月に中学1年生(当時史上4番目の年少記録)で女流棋士となる。

 日本将棋連盟関西本部(大阪市)に所属し、攻めの鋭さと抜群の終盤力から「出雲のイナズマ」の異名を持つ。

 そして、一躍里見香奈さんを有名にしたのは、レディースオープントーナメント2006で、決勝の矢内理絵子女流名人との三番勝負で、もし里見香奈さんが勝っていれば史上最年少優勝の記録になったため、女流棋界でもかつて無いほどの注目を集めた(将棋世界には当時の様子を「羽生七冠フィーバーに次ぐ盛り上がり」と記されている)。

 今回、里見香奈さんが奪取に成功した「倉敷藤花」は女流将棋の4大タイトルの一つで、関西本部所属の女流棋士のタイトル獲得も史上初めてのことです。

 さらに、里見香奈さんの快進撃は、とどまる事を知りません、第35期女流名人位戦のA級リーグで、7勝1敗で単独トップをひた走っており、矢内理絵子女流名人への挑戦者に登場する可能性大です。

 いよいよ、将棋界にも世代交代の波が押し寄せてきたようです。

 まさに、里見香奈・新倉敷藤花は、時代が求めていた国民的ヒロインであると思います。

 

                                
このブログを、人気ブログランキングへ一日一回、貴方様の清き一票(クリック)を、お願い致します。








ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 倉敷藤花戦、里見女流二段が奪取、ほか。

    Excerpt: 「出雲のイナズマ」こと里見香奈さん、ついにやりました{/ee_2/} 【第16期大山名人杯倉敷藤花戦三番勝負第2局】      ▲里見香奈女流二段 vs △清水市代倉敷藤花      午後3時49.. Weblog: メタボとさよならをめざすブログ racked: 2008-11-23 23:53
  • 女流名人位戦最終戦一斉対局・中継情報

    Excerpt: 3日(水)、第35期アルゼ杯女流名人位戦A級B級最終戦がそれぞれ一斉に指されます。 主催の報知新聞が棋譜中継をする旨の告知が、日本将棋連盟及び日本女子プロ将棋協会(LPSA)から出されています。 以.. Weblog: メタボとさよならをめざすブログ racked: 2008-12-03 00:37